住宅フランチャイズとは

工務店様の安定経営を支援するシステム

地域密着型の工務店が、注文住宅ビジネスで安定経営を継続し、しかも着実に成長していくには、競合他社との差別化を図ることが何より重要です。その意味では、商品力、提案力、価格競争力、経営体力の強化に直結するフランチャイズ加盟が、有力な選択肢といえるでしょう。こちらでは、全国規模でフランチャイズを展開するTDホームが、住宅フランチャイズとは何か、そのメリットはどこにあるかといった基本的な事柄についてわかりやすく解説します。

フランチャイズ(FC)とは?

フランチャイズ(FC)とは?

まず、基本を押さえておきましょう。フランチャイズ(Franchise Chain=FC)とは、FC本部(フランチャイザー)が加盟店(フランチャイジー)との間で契約を結ぶことで成立する継続的関係のこと。加盟すれば全国的な知名度やブランド力を持つ本部の看板を使用してビジネスを展開できるので、営業力を強化したい事業者にとっては非常に有利なシステムです

フランチャイズの仕組み

前述のようにFC本部と事業者が契約を結ぶことでフランチャイズが成立し、事業者は正式に加盟店として営業を展開できることになります。もちろん、加盟店となればFC本部が蓄積してきた設備や経営・運営ノウハウを活用できるので、従来の営業スタイルでは得られないさまざまなメリットを享受できます。

フランチャイズの仕組み

第一に、FC本部のスケールメリットやブランド力が後ろ盾になるので、顧客獲得が格段にスムーズに運ぶのは間違いありません。たとえば、人は商品を選ぶとき、性能や品質のよしあしを基準にしますが、ブランド品ではその必要がありません。「このメーカーや銘柄なら大丈夫」と、ブランドから性能や品質のよさを推察するからです。工務店選びでも同じことが言えるでしょう。FC本部のブランド=大看板があれば、お客様は安心して家づくりを託してくれるというわけです。

しかも、運営や広告展開なども本部のノウハウを活用できるので、営業活動に専念できムダがありません。通常、それだけのバックアップを受けるには一定のロイヤリティーを本部に支払う必要が生じます。

なお、TDホームの住宅フランチャイズの詳細については、資料請求や説明会への参加を通じて理解を深めていただけたら幸いです。

フランチャイズのメリット・デメリット

FC本部は、商品開発(設計・施工マニュアル)、資材・建材などの一括仕入れ、広告・宣伝活動を行い、加盟店に対して技術面・営業面・経営面を支援。加盟店はすでに確立されたノウハウをフルに活用することで、顧客獲得や品質・サービスの向上、コストダウンを効果的・効率的に図ることができます。もちろん、メリットばかりではありません。中には留意しておきたい点もあります。

メリット
  • 全国的に浸透しているブランドなので、新規のお客様から信頼感を得やすい
  • 全国の加盟店から得た実績データに基づいて営業展開すれば成約率が上がる
  • 確立された技術や営業ノウハウを活用できるので、営業に専念できる
  • 資材・建材は本部が一括で仕入れるため、質の高い商品や材料を安価で購入できる
  • 工務店単独では考えられない大規模な広告・宣伝活動もフランチャイズのノウハウで可能に
  • フランチャイズのノウハウで高品質・低価格で住宅を提供できるので、大手とも渡り合える
デメリット
  • FC本部の提供するルールや規定を遵守しなければならない
  • ブランドイメージの取り扱いには細心の注意が必要

※ルールや規定は住宅フランチャイズを提供する企業により異なります。説明会参加や資料を得て確認してみましょう。

これからの工務店経営

つい昨年までは、次世代の省エネ住宅をうたった商品やプランが乱立していましたが、今はすっかり影を潜めています。なぜなら、その次世代の省エネ基準が2020年にすべての新築住宅で義務化されるので、差別化のしようがなくなるからです。住宅性能で違いを打ち出せない以上、これからはまた別の魅力、強みで勝負していかなければなりません。その意味では地域に密着した工務店様にとって、住宅フランチャイズ加盟は新たな選択肢となるでしょう。TDホームは顧客ニーズや時代のトレンドを見据えた豊富な商品展開で、加盟店の皆様に新規顧客層の開拓に大きな推進力を提供します。